Welcome to SUZURAN NO KAI

児童発達支援事業 / 放課後等デイサービス事業 /(療育相談・指導)
                     ぱれっと(相模原市) / ぱれっとやまと(大和市)

館内には毎日お子さんたちの元気な声が響き渡っています。私どもは、問題が解決したら卒業、とは考えておりません、細く長くお子さんの成長に寄り添い、園や学校、医療機関、福祉事業所などの関係機関との連携を大切に、地域に根差した支援を心がけています。

◆個別療育
指導者(言語聴覚士・臨床心理士・臨床発達心理士)による一対一での指導を1回50分(指導40分/面談10分)で行います。お子さんのご希望、年齢にあわせ、ご利用される回数その他をご相談いたします。


◆グループ療育
2~6人程の少人数グループで社会性を養います。1回50分(指導40分/面談10分)


※個別指導及びグループ療育は、全療育を言語聴覚士・臨床心理士・臨床発達心理士により実施しています。
その他に余暇支援、面談、講演会、保護者会、各種の行事、家庭の中で園や学校との連携、ご家庭での取り組みへのアドバイス等を行い、子育てのお手伝いをさせて頂きます。(訪問・報告書作成は実費負担)

 
  新規募集のご案内  

  平成29年4月から利用開始希望の方につきまして、両事業所ともに若干
  名ずつ募集いたします。 通所を希望される事業所にお電話ください。

    電話受付 平成29年 1月30日(月)11:00~
                上記募集の受付は終了しました。
   2017年 ご卒業おめでとうございます
「毎年一定数の卒業生を送り出すようになり、ささやかなぱれっと卒業式を行うようになって5年目となりました。3月24日水曜日、平成28年度ぱれっと卒業式を行いました。今回は、ぱれっと史上最も多い24名の高校3年生が卒業し、卒業式には13組の親子が出席してくださいました。学校で何度も練習したのでしょうね、一人一人、左手、右手、礼、と立派に卒業証書を受け取り、4月からの進路を発表してくれました。皆さん駆け出しのぱれっとから長く長く通ってくださった方ばかり、立派になった姿に感激のひと時でした。小さなころからのいくつものエピソード、お子さんたちの成長を親御さんと一緒に喜んだり、時には泣いたりもしたこと…いろんなことが思い出されました。これからお仕事生活が始まる方も、学びを続ける方も、お仕事への助走をはじめる方も…それぞれの道で輝いて、オトナ生活をエンジョイしてください!ずっと応援しています!!」



◆ぱれっとご利用開始までの流れが変わります。


  1. まずはお電話にて問い合わせください。
    随時、問い合わせにて空き状況をご確認ください。
           【ぱれっと…042-748-1178/ぱれっとやまと…046-240-7388】
  2. 見学においでいただきます。私どもの療育の方針等を知っていただき、スケジュール的に
    通所が可能かどうかご相談します。 
  3. ①すぐに受け入れ可能な場合、初回面談の日程をお約束いたします。
    ②待機登録した上で、お待ちいただく場合があります。
    ③待機登録もいっぱいでおうけしかねる場合があります。ご了承ください。
     ※平成29年3月現在ぱれっと、ぱれっとやまととも、待機の登録を受け付けており
       ません。

  4. 初回面談においでいただきます。
    ゆっくりお話しを伺えればと思います。保護者様のみでおいでください。
  5. 療育スタートです。開始日に合わせて契約もさせていただきます。

  ご注意ください!
※ぱれっとでは、毎回の療育時に次の来所の予約を1回とっていただくシステムにしています。
 みなさまのご予約が平日の15時~、16時~と土曜日に集中しています。通所可能な日程がかなり限定されている
 方もいらっしゃいますが、月1回以上通所していただかないと療育効果があがりませんので、コンスタントに通うこ
 とが可能な方を募集いたします。ご了承ください。

※利用開始後、ぱれっと・ぱれっとやまと間で事業所を変更することは原則としてお受けしておりません。
 長く通所可能な事業所をご検討の上、お申し込みください。

 

※児童発達支援(未就学児)をご利用の方につきましては、お子さんの生活リズムを最優先しながら発達を促していき
 たいという思いから、 平日9時~、10時~、11時~、13時~、14時~の枠で通っていただくようお願いして
 います。


※平日(10:00、11:00、13:00)に通っていただける方を歓迎します!
   (ぱれっと/最寄駅 小田急相模原徒歩7分)          (ぱれっとやまと/最寄駅 鶴間徒歩7分)
ぱれっと近くの公園では、お行儀の良いダイナソー『乗れっ君』が背筋を伸ばしてお待ちしています。


保護者のみなさま、アンケートにご協力いただきありがとうございました。
サービス満足度等評価結果報告 『サービスに関する評価票』 結果報告書Pdf
ぱれっと ・ぱれっとやまと 放課後等デイサービス自己評価結果報告書Pdf

ぱれっと新聞Pdf(2016.12) 


 ぱれっとの想い ―制度が変わって―

  就学すると個別療育の機会はぐっと減ってしまう現状があります。 就学というのは一つの節目ではありますが、
  お子さんの発達はその後も続き、年齢や発達段階ごとに親御さんの悩みもなくなることはありません。 ぱれっとは
  就学後も長期に、継続的にお子さんやご家族の発達に寄り添っていきたいと考えてまいりました。平成24年からの
  新しい制度では、就学児は“放課後等デイサービス”の対象となり、“児童発達支援サービス”は原則就学児を対象
  としていません。もちろん、放課後の集団での過ごしの場は必要ですが、就学後も“発達支援”の場があるべきだと
  いう私たちの想いは、今回の新しい制度には全く反映されませんでした。“放課後等デイサービス”を名乗りながら、
  これまでの療育を継続していくわけですが、送迎や学校の休校日の営業、開所時間の延長などが報酬加算の対象
  であり、私たちの取り組みは評価の対象とならない現状に頭を抱えています。
  それでも、一貫した療育の必要性をアピールしながら貫いていきたいと思います。



    保護者の方からいただいたお手紙をご紹介します。 ―うれしいエール―
   「ぱれっと新聞」拝見しました。特に「ぱれっとの想い」のコラムでは、以前から伺っていた、ぱれっとの想いや気持
  ちが書かれていて、きっとたくさんの保護者様がぱれっとの譲れないポリシーを分かって下さると思います。子ども
  を育てて感じるのは、やはりそれぞれのライフステージで様々な困難にぶち当たる事、又 その壁を乗り越える為に
  専門職の支援が有効な事、等々身に染みております。一つハードルを越えても次のハードルが待ち構えているし…。
  小さい時からの育ちを見ていて、今の現状があると理解して頂く為にも、継続性はとても大事な事だと思っています。
  ぱれっとのお考えに私も含めて賛同する方は多いと思いますが、制度が追い付かない事に歯がゆさを感じます!
  運営面で大変な事も多いとは存じますが、ずっとこのままの「ぱれっと」でいて下さい。微力ながらいつまでも応援し
  ています。あと感じたのは、これからキチンと「相談支援事業」が根付けば、同日に同じ二つの事業所を利用する事
  がなくなり、事業所も無駄な事務作業も減り、親も混乱しないだろうな…と言う事です。サービス利用計画書を作成
  するのですから…。



   お勉強中おじゃまします・・・・・
毎回朝から元気いっぱいでやってくる男の子、どのお勉強も集中して全力投球で取り組んでいます。指導をよく見てマネしたり、一緒にゲームや運動をしたりする時の顔はとてもイキイキしていますよ。
明るく元気な中学生のお兄さん。指導員のサインをよく見て真似しています。真剣な表情で取り組んでいますが、最後は笑顔で「できた!」と報告してくれました。
年少さんのキュートな女の子。目をキラキラさせながら、いろんなことを吸収中です。今日は迷路に挑戦、真剣な表情でゴールをめざします。花丸をもらってとーてもかわいい笑顔! 見ているこっちまで笑顔になります。
もうすぐ高校生になる中学校3年生のお兄さん。自分で書いたメモを手に、事務室に借り物に行く練習をしています。ドアをノックして、メモを読み上げ用件を伝えることができています。とても立派になりました~!
いつもニコニコ、何にでも楽しく取り組む女の子。最初は文字の組み立て。順番を考えながら並べて完成!お次は数字ドミノに挑戦です。1から20まで数えながらそっと置いていきます。最後は倒すのがお楽しみ♡
 ウフフッ)^o^(
見てください、この素敵な笑顔!! いつも担当者に笑顔を振りまきながら、その日のお勉強に取組みます。お買いものが大好きなので、お金の計算を一生懸命していましたよ。
いつも元気にニコニコとお部屋に入ってくる女の子。一旦着席したら、真剣な表情で課題に取り組みます。ハサミの練習ではいつも集中して最後まで丁寧に切ります。でもやっぱり、友達とボール投げでする時は笑顔が満開!素敵な表情ですね!   
☆ごほうびシールに取り組んでいる男の子。家で頑張れそうな目標を先生と一緒に決め、守れたらごほうびシールが1枚もらえます。シールが20枚たまったら好きな工作をする約束をしていました。今回は24枚ためてくることができました。よくがんばりましたね!
楽しみの工作!とても丁寧に、熱心に取り組むお子さんです。今回の題材が好きな乗り物なので、いつも以上に興味津々といった様子で手順書とにらめっこしています。わからないところは質問しながら作品を完成させました。 お次は風船バレー腕いっぱい振ふってラリーの記録に挑戦しました。
本が大好きな女の子。小さい頃からお母さんに沢山読んでもらって、今はいろいろな本の登場人物になって朗読を楽しんでいます。この日は、「はなさかじいさん」の他多くの作品を読み、おしゃべりに磨きをかけ、一層自信をつけているところです。ていねいことばも板につき、ますます素敵な中学生です。 
得意な絵を生かして、すごろくを作っています。この日は、いよいよ完成です。ノンタンが好きで、ぶたさんやうさぎさんも、上手に書けました。 すごろくでは、数も勉強中で、コマの進め方もバッチリです。字も得意で、スケジュールに出てくる漢字もしっかりと書けました。 
土曜日にそろってお勉強にみえるごきょうだい。お兄ちゃんは、今日のスケジュールを「NAZONAZO」とローマ字で書いています。でも、途中で面白いことが頭に浮かんでしまい…先生とのお話にこの笑顔!一方妹さんは…見慣れぬ侵入者(カメラマン)をチラ見しながらも、一生懸命いつも通りにドラえもんプリントに取り組み中。マジメにがんばってます。
 「今日もがんばろう!」といつもノリノリでお勉強しているお子さんです。今日は、絵から文字にひっくり返しながら…「スイカのす」と学んでいます。自分でもたくさん思いついて…「すしもあるね!」と先生に報告。ことばが溢れています!
 電車とすごろくが大好きなお子さんのために、今日のお楽しみは中央線すごろくです。楽しいけれど負けるのは大嫌い!初めは先生の方が先に進んでしまわないかドキドキ…先にゴールして、やっと笑顔が見られ「次は小田急線にしてね!」とリクエストがありました。
 これから指導開始!今日のスケジュールを書き取っています。苦手な事がひとつひとつ、好きな事、得意な事に変わってきているので、スケジュール確認の時も余裕が感じられます。きょうも指導時間の最後に、その日の活動の振り返りをしました。以前は苦手だった「探し物ゲーム」を『楽しかったです』と作文に書き、笑顔を見せてくれました。
みなさんが楽しんでくれていることが、職員の励みになっています。



<お子さまも保護者の方々もみんなでぱれっと>
ぱれっとでは、保護者会や季節行事△パーティーなどを企画し、多くの方が交流できる場をご案内しています。保護者間の交流や情報交換など、また、お子様の体験や楽しみを広げる機会を! との思いから、様々な行事を開催して、みなさまにお会いできる機会を楽しみに一同お待ち申し上げております。すずらんの会で運営している、グループホームの支援の実際について保護者の方々に紹介をする機会や、 理学療法士の方による講義、元養護学校養護教諭の先生にお話し頂く機会など、その他、最近の悩みなどを自由にお話して頂く会や、就学に向けての準備、学校生活について聞きたいという意見が多く、お母様同士で活発に情報交換をするなど、不定期に開催しております。継続して相談できる場を作っていければと思います。


◇マカトン法フォローアップセミナー
マカトン法は、身振りサインを用いるコミュニケーション方法。発音など言葉の表出に難しさのあるお子様の表出手段として、また、自閉症など目からの情報を取り入れることが得意なお子様の、理解の手段として有効です。ぱれっとでは、療育スタッフ全員がマカトン法の講習を受け、日々の療育に取り入れています。家庭でもお子様とのコミュニケーションをより豊かに楽しんで頂きたいと考え、保護者と共に学んでいます。


◇その他
元養護学校養護教諭の任海園子先生をお招きして『ライフステージに応じた生と性を考える知的障害児・者に関連して』というタイトルで講演会を開催しました。ぱれっとも思春期を迎えるお子さんが大勢いますので、スタッフ、保護者ともに学びたいテーマであり、当日は会場が満員となりました。とても優しい語り口の任海先生、質疑応答でも一つ一つの質問に丁寧に答えてくださいました。個々に悩みを抱え込んでしまいそうなテーマですが、ぱれっとでは保護者、ご本人とオープンに話し合っていけるようになっていきたいと思っています。



詳細

◆施設概要         設備(指導訓練室、保護者待合室)

     定   員     ぱれっと       10名/日   所長(管理者) 高橋 晴美
                ぱれっとやまと   10名/日   所長(管理者) 大木 泉

     支援体制     職員 15名(管理者・指導員・言語聴覚士・臨床心理士・臨床発達心理士を配置)
              
     営業時間    月~土9:00~17:00(休日、日・祝日・その他法人の定める休日)

     メールでのお問合せ  suzuran42@suzuran.or.jp(ぱれっと斎藤 優子)


  ぱれっと所在地   〒252-0312 相模原市南区相南1-22-10 キャッスル相模1F
                 TEL  042-748-1178   FAX 042-705-1667
       アクセス    小田急小田原線 小田急相模原駅より 徒歩7分

 ※ぱれっとに駐車場はございません、お車でお越しの方は近隣の有料パーキングをご利用下さい。



  ぱれっとやまと所在地  〒242-0004 大和市鶴間1-19-1
                    TEL 046-240-7388   FAX 046-240-7272
          アクセス    小田急片瀬江ノ島線 鶴間駅より徒歩7分





サービス利用のご案内
初回面談(完全予約制)にて、お子様の現在の様子について、また今後についてのご相談をさせて頂きます。ご契約された後に、発達評価、実施内容などのご相談を行い、お子様に合った療育を実施致します。

サービスをご利用になるには、お住まいの市町村へ受給者証の申請をお済ませ下さい。





▲pagetop