Welcome to SUZURAN NO KAI

就労移行支援事業 / 就労継続支援B型事業 / 就労定着支援   ワークセンターやまと

一般企業への就労を視野に入れ、さまざまな形で「働く」ことを実現するために、作業態度や対人関係、社会のマナーなどを身に付け、地域生活を支える一助を担います。また、関係機関(県地域就労援助センター、大和市障害者自立支援センターなど)との連携を図り、中・長期的な計画で支援を行います。施設内での作業と一般企業での作業(施設外就労)、二つの作業環境を整えています。

◆就労移行支援  ◆就労継続支援B型
作業訓練を通じて、社会人としてのマナーや知識及び作業能力の向上の為に必要な訓練を行います。
本人の適正に合った職場への就労とその定着を目指し、面接の練習や職場開拓、職場実習の同行、就労後の定期フォローを行います。
高工賃の支給を目指した生産活動の提供と、地域の中で自立して生活が出来るよう支援を行います。

【施設内作業】 
軽作業(検品、箱組立、封入、シール貼り等)、野菜加工作業等を実施します。
   

【施設外就労(一般企業内での作業)】
企業物流倉庫内での施設外就労は、ダンボールの破材処理、折り畳みコンテナの仕分け、清掃を行います。この他、高齢者施設での清掃作業や、会社敷地内の除草等の施設外作業を請け負い行います。一般企業内での作業となりますので、施設内作業に比べより実際に近い環境での職業訓練となり、就労へ向けたステップアップとなります。
    


就労訓練から企業就労後の継続した定着のための支援
1.施設内作業、施設外就労を通して一般就労に必要な準備性を高める。
2.個々の特性にあった案件の紹介、面接同行や職場実習の際のジョブコーチ支援を実施。
3.就労直後は会社訪問や定期面談をしながら環境の変化に適応できるように支援を実施。
4.得た仕事を継続できる様に関係機関と連携し支援体制の構築。
   


 ◆就労実績(平成27年度〜29年度)
・物流会社(ピッキング、破材業務)
・免税事業会社(倉庫内軽作業)
・工業用部品製造会社(清掃業務)
・総合設備会社(清掃、事務補助)
・病院(清掃業務)
・社会福祉法人施設(清掃業務)
・スポーツ施設運営会社(清掃業務)
・産業廃棄会社(清掃業務)
・特例子会社(清掃業務)
・特例子会社(軽作業)

4名
1名
1名
1名
1名
1名
1名
1名
1名
1名
  
  
 ※法人独自で実施してきた就労定着のための支援は、一般企業へ就労した直後不安定になりがちな環境の変化に順応できるよう集中的に支援を行っています。ここ数年は就労実績が伸び続け、利用希望の問合せも増えています。企業のニーズと社会の動向に柔軟に対応できるよう、長年の就労支援のノウハウを生かして、きめ細かなサービスを提供してまいります。

<余暇支援活動>(施設行事)
法人の余暇支援サークルとは別に、ワークセンターやまと独自に余暇支援活動を実施しています。
月〜金曜日までは作業訓練が中心になります。その為、土曜日に法人余暇支援活動や施設行事を通してリフレッシュすることや、地域資源を活用した様々な体験を通して、生活の幅を広げる事を目的としています。
 

 



◇清掃ボランティア
月に1度、近隣の高齢者介護施設で窓拭きなどの清掃ボランティアを行っています。ワークセンターやまとに集合し、施設までみなさん徒歩で向います。夏は汗だくになり、冬は手先が凍るようですが、「ありがとう」と云う声かけに励まされています。清掃作業は、実際の就労案件の職種に多いので、この活動が生かせると良いと思っています。

この他、大和市クリーンキャンペーンの大和市内清掃にも参加しています。自分の地域をきれいにすること、活動の主旨を理解して初めて参加される方もいます。また、地域の方に『どこの団体の方々?』とお声をかけて頂くなどもあり、その際に、近くにいた同じ自治会の方から『郵便局の上にある事業所だよ、うちの自治会で良くやってくれてるよ』とお言葉を返してくださる場面もありました。現在の施設に移転してまだ約1年半ではありますが、少しずつですが地域のみなさんの中に馴染んでこられたのかなと実感した機会となりました。今後もこのような活動を通して私たちが活動している地域がより生活しやすい環境になるよう、お手伝いできたらと思っております。

◇販売会
大和市障害者週間事業の一環で開催されるイオン大和鶴間店での自主製品販売会に参加しました。「障害者週間」とは、障害福祉に係る団体の日頃の活動による作品や製品の展示・販売を通して、障害福祉について関心と理解を深めてもらうことを目的としています。ワークセンターやまとからは利用者数名が販売員として参加しました。みなさん販売促進の声だしが非常に良く出来ており、販売中には「いくら売れましたか?」「どんな勧め方をしたら売れますか?」など、積極的な姿勢で自分たちが作った製品の販売を行っていました。販売を通して多くの方々との交流を図り、金銭の受け渡しや礼儀などを学び、作業意欲の向上に繋がりました。



◇履歴書の書き方と面接の受け方
社会人をテーマに、就労の際に必要となるエチケットなどを学びます。本番同様に、実際の履歴書を記入してみると、分からない項目についての質問が直ぐにでます。また、『合同面接』を意識して複数人で行う面接の練習も行い、就労への高い意欲を継続して保つ活動の場となります。


◇就労者を囲む会
ワークセンターやまとから就労に結びつき、企業で活躍されている方と事業所の利用者が介して、同窓会気分で歓談する場を設けています。就労者に対して質問する場面では、企業就労した結果、自分にどのような変化があるのか、施設外作業先を体験したことでどのような効果を得られたかという質問に対し『ありがとうなどの言葉が自然に言えるようになりました』『ほう・れん・そうの大切さを教わりました』など、実体験を聞くことで具体的な将来図を持つことができ、みなさん『働く』ということに対して意欲的な一面が見受けられます。
以前一緒に訓練していたことがある人とのコミュニケーションを図る事で、企業就労がより身近に感じられ、互いに良い刺激を受ける会となります。


◇利用者の会
利用者主体で考え行動するという目的があり、司会進行や開閉会の挨拶など全てを利用者が行います。半期の各委員会の報告や、土曜稼働の充実について、施設への要望、などの話し合いを行います。
土曜稼働の充実については、余暇支援の内容を増やして欲しいとの要望が多く見受けられ、個々が取り組みたい企画が候補に挙がります。運営適正化委員会の報告では「夕方の終礼後に椅子を机にしまわずに帰る人がいてマナーが悪い」なとの意見が挙がっている、この意見に対し『終礼時の挨拶を立って行えば自然と椅子をしまいやすいうのでは』との案が出るなど、また施設への質問要望では、みなさんが普段思っていることや悩み、作業の効率化につながる意見も交わされます。
利用者主体で考え、より良くして行こうという意欲を言葉で感じられる会です。




詳細

◆施設概要

設   備 訓練作業室、相談室、多目的室、洗面トイレ、男・女更衣室

利用定員 就労移行支援 6名   就労継続支援B型 14名

支援体制 職員12名 (管理者・サービス管理責任者・就労支援員・生活支援員・職業支援員を配置)

営業時間   月〜金8:45〜17:20 (12:00〜12:45休憩)
  (サービス提供時間)月〜土9:00〜16:00
※土曜日は活動内容による
休 業 日 春季・夏季・年末年始、創立記念日10月1日、その他事業所の定める休日

施設長(管理者) 和賀 行彦

所 在 地   〒242−0005 大和市西鶴間2−1−16 西鶴間ビル2F 
          TEL:046-278-1731
          FAX:046-278-1732
アクセス
小田急片瀬江ノ島線 鶴間駅より徒歩5分




▲pagetop